アイコスのたばこ税が、なぜ安いか解説!

アイコスなどの加熱式タバコは税率が低いのが特徴。

それが理由で国は加熱式タバコのたばこ税増税を発表。なぜアイコスやグロー、プルーム・テックは安いのか?その理由と税率について解説します。

アイコスの税率はなぜ安い?

アイコスの税率が安い理由はたばこ税の課税の仕方にあります。

たばこ税法上では「紙巻きたばこは本数」で、「加熱式タバコは重量で課税」しているから税率が変わってくるのです。つまりタバコの量が少ない加熱式タバコは少ない税率で販売することが可能。

加熱式タバコの重量を比較するとこうなる。

重量
アイコス 15.7g
グロー 9.8g
プルーム・テック 2.8g

コレをイて分かるように、プルーム・テックはあまりタバコを使っていないのが分かる。それでいてお値段はアイコスと同じなのです!グローは40円くらい安い。

コレが最終的には負担額が「アイコス:270円、グロー250円、プルーム・テック210円」となるみたい。アイコス自体はそこまで変わらないが、プルーム・テックは約4倍負担額が増えるのでボロ儲け出来なくなるね♪

まぁアイコスユーザーが何かあると言うよりかは、ボロ儲けしていた企業に負担がかかるということだろう。多分グローもプルーム・テックも値段は引き上げないと思うので。

まとめ

以上が加熱式タバコのたばこ税についてでした。

多分間違っていないと思うのですが、もし間違っていたらすみません。

誤ります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*