アイコスって有害?紙巻きたばこよりヤバいはウソ?

アイコスは通常のタバコと比べて化学物質が9割程度削減されていることから、紙巻きたばこより健康被害が少ないといわれている。更に副流煙も少ない。

ですが様々な研究で「タバコより危険」という噂が流されていますがデマだという意見も多く、私もデマとまでは言わないが鵜呑みにしないほうが良いと思います。

今回はその理由について詳しく解説します。

アイコスは有害?それってホント?

アイコスは有害物質が9割程度削減されたからと言って「無害じゃない」です。

なので全く健康被害がないわけではございません。

ただ通常のタバコと比べれば、人体への害は少ないと言える。

それに火で燃やしているわけじゃないので「タールもほぼゼロ」だと言われています。そのため室内で喫煙しても部屋がヤニで汚れることもないとか。また副流煙もアイコスのシステム上は水蒸気として発生するので健康被害が起こるレベルじゃない。

アイコスには様々な研究がなされている

アイコスには以前「紙巻きたばこよりも含有量が多い有害成分が発見された」というニュースを見て驚いた人も多いと思う。しかしよくよく見てみると『多い成分は確かに合ったが一部で平均で見ると紙巻きたばこより健康被害が少ない』とも書かれている。

多いという部分だけピックアップすれば、紙巻きたばこより危険に見えるが全体で見ればリスクは減っていることがよく分かるだろう。なので鵜呑みにしないように!

ロイターではこんな発表も

有名な海外のロイターでは「IQOSは従来の紙巻きたばこと比べ人体に有害もしくは有害の恐れがある物質の含有量が少ない――」と書かれている。

もちろん「吸うより、吸わないほうが健康的」なのは確かです。それ前提で見れば様々な研究で「アイコスで危険だ!」という意見は「じゃあ、タバコと比べると?」というフィルターで見れば全部、的はずれなことが分かるだろう。

アイコスは有害は確かに含まれている、だが通常の紙巻きたばこより少ないのはどうあがいても変わらない事実なのでその信念を持ってニュースを見れば踊らされずに済むだろう。

まとめ

以上がアイコスの危険性・有害性でした。

もちろんゼロじゃないけど、紙巻きたばこより少ないのか変わらない。

その真実を曲げずに様々なアイコス研究に目を通して欲しい。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*